タイ国際航空のチケットをキャンセルした話

こんにちは、ばんばんです。

新型コロナウイルスの脅威がいよいよ世界中に広まってくる中、この春に予定して楽しみにしていたアジア周遊旅行をキャンセルしました。

先日のアラスカ発券のJAL便に続いて名古屋発タイ国際航空をキャンセルしましたので、その顛末を報告しますね。

 

アジア周遊旅行の計画

2020年春のアジア旅行はLCCからSQのファーストクラスまでを体験する以下のような大周遊を計画していました。

 

②名古屋⇒バンコク(TG:Y) A350エコノミーの特別な席(窓側で前のない席:50A)を予約していたのに残念。

⑥ジャカルタ⇒バンコク  (TG:Y)  予約していた夕方便が欠航になり、自動的に昼便へ振り替え。振替便が欠航となり、さらに翌日便へ振替。

⑦⑧BKK⇒CNX⇒BKK  (TG:Y)  一人で行くチェンマイの水かけ祭り。

⑨バンコク⇒名古屋  (TG:Y)  チェンマイから乗り継ぐ際にラウンジめぐりを計画していたが・・・。

3月7日時点のタイ国際航空のポリシー

出発日②は3月15日でしたので、1週間ほど前に腹をくくって、キャンセル&払い戻しの手続きを開始しました。

3月7日時点でタイ国際航空のポリシーでばんばんに関係するのはこんな感じ。

  • 12月15日までの間で旅程変更(手数料なし)
  • ルート変更(手数料なし、差額負担)
  • 返金対応は航空券の条件通りで特別対応なし

JALやANAが無条件での返金対応を開始していましたので、それなりに厳しい条件です。

バンコクのTGコールセンターへ電話してみる

 

平日のランチタイムにバンコク本社のコールセンターに電話してみたものの、5分たってもオペレーターに繋がらなかったために一旦断念し、土曜日の朝5時に電話してみました。10秒でつながりました!

ば「航空券のキャンセルと返金をお願いしたいのですが」

オ「予約番号をお願いします」

ば「AAAA BBBBです」

オ「(しばし無言)・・・、この航空券は名古屋で発券されていますね。本社では対応できないので、名古屋へ電話してください。ここでは、一旦キャンセルすることしかできません。」

ば「えっ!名古屋に電話・・・。厳しいのでメールアドレスいただけますか?」

オ「xxx@xxx.co.jpにメールして、出発3日前になっても返事がなかったら、本社コールセンターに電話してね」

ば「ありがとー!、ところで、ジャカルタ発券もあるんだけど、メールアドレスください」

オ「zzz@zzz.co.id。対応方法は名古屋と同じです」

※海外発券のチケットを払い戻しをしようとすると、本社では対応できない。チケット条件が分からないとのこと。(タイ航空のWebサイトから予約しても出発地が重要らしい)

TG名古屋支店にメールで払い戻しを依頼

ばんばんが持っていた航空券は、名古屋発バンコク経由チェンマイ行き往復で約6万円の格安チケット。クラスはVクラス(マイレージ加算25%)。

ホームページで条件を調べると、払い戻し手数料2万円。この先、名古屋発の航空券を残しておいても乗れる保証がないので、手数料を払って返金です。

教えてもらったタイ航空名古屋支店の予約課に以下のような内容で早速メールしました。

  • 新型コロナの影響で旅程をキャンセルして、返金をお願いしたい
  • 名前、予約番号、出発日、
  • 返金に手数料が発生する点は理解している

送信後数日間経っても返信は一向にありませんでした。めちゃくちゃ忙しいのでしょう。

再びバンコクのTGコールセンターに電話

 

平日の朝7時半に電話してみたところ10秒でオペレーターへ。

ば「予約キャンセルと返金をお願いしたい。番号はAAAA BBBです」

ば「以前ここに電話して名古屋とやりとりしてねと言われたけど、メール返信がないです。ノーショーチャージがかかると困るので、一旦キャンセルしてください」

オ「チケットの条件が分からないので、キャンセルできません。名古屋の番号は0570-XXX」

ば「0570は海外から電話できないので、052の番号を教えてください」

オ「(5分ほど待って)、この番号にお願いします。03-xxxx」

ば「東京だ・・・。分かった、ありがとう」

本社TGコールセンターから差し戻される

ということで、差し戻されました。教えていただいた東京の番号にかけてみると、話中でつながらない

前回も相当丁寧なメールを書いたのですが、海外から電話できずに困っている旨を付け加えて、最上級に丁寧なメールでお願いしてみました。

手続き開始の連絡をいただきました

 

そして、1時間後にタイ国際航空の名古屋支店よりメールをいただき、既定の手数料を差し引いた額を利用クレジットカードに返金する旨説明がありました。

数時間後にホームページで予約を確認してみると、当該予約なしとなっていましたのでキャンセルされたようです

まとめ

現在の新型コロナの大流行で航空会社コールセンターは旅程変更や返金対応で大忙しとなっています。

このような事態にシンガポール航空では、出発まで72時間以上のお客さんは電話せずに、Webフォームに入力してください。また、ノーショーのペナルティは当面不要ですという対応を表明しています。

さて、ばんばんとコールセンターとの会話で出て来たジャカルタ発バンコク行きに関してはジャカルタ支店から何の連絡もありません。しかも最近フライトキャンセルとなって、翌日にまわされています。

そろそろプッシュするかなと先ほどメールを出してみたら、「メールボックスがいっぱいです」のエラーで送信できず。来週早々、本社コールセンターに電話ですね

タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラスのゴールドメンバーとしては、なんとしてもタイ国際航空には踏ん張ってもらいたいと願っています。頑張れタイ航空!