バンコクBTS沿線最大級の鉄道公園(スアン・ロットファイ)は自転車天国

こんにちは、ばんばんです。

バンコクでも自転車愛好家が増えてきていますが、バンコク周辺で自転車に乗れるところは実はそんなに多くないと思います。一般道は路肩が狭いうえにバイクもガンガン路肩を走っていますからちょっと怖いし・・・。

数年前にはスワンナプーム空港を一周できる自転車パークがオープンしましたが、ちょっと遠い。都心の真ん中にあるルンピニー公園では昼間に限定されているし・・・。

そんな自転車愛好家たちに人気なのが、今回紹介するスアン・ロットファイ(鉄道公園)なんです。

スアン・ロットファイとは?

正式名称は”Wachirabenchathat Park”と現国王の名を冠した公園で、当時王子だった頃に50歳の誕生日を記念して2002年にオープンしました。

元はタイ国鉄SRTのRailwayゴルフ場だった広大な敷地で、コースの雰囲気を残したまま素敵な公園になっています。

所々に点在する池の向こうにはモーチット周辺のオフィスビル群が見えています。実はこの周辺、PTT(タイ石油公社)、タイ国際航空、SCG(サイアムセメント)等タイを代表する企業の本社が多いところだったりします。

【場所と行き方】

スアン・ロットファイは、BTS/MRTのモーチット駅から程近い場所にあります。

ただ、歩いて行こうとすると広大なチャトチャック公園を越えていくことになるので、約20分。準備運動にはちょうどいい距離ですが、楽をしたい方はタクシーをお勧めします。

え?ばんばんはどうやって行った?もちろん歩きました!

【営業時間】

毎日5:00-21:00(タイの公園は夜間閉鎖されます)

こちらが公園全体図。

赤い線が自転車専用道路で一周3.2km。ランニングコースは2.64kmとなっています。

以前は自転車とランニングがほぼ同じ道を走っていましたが、現在は90%ほどが分離されています(メインゲート付近の数百メートルが共用部分)。

駐車場の一番奥には多数のレンタル自転車屋が軒を連ねています。料金は聞きませんでしたが、公営公園なので格安でしょう。

駐車場の横には大きな市場が・・・。健康に気を使うプチ富裕層を狙っての出店ですかね。

いざ、入場!

メインの入り口を左に行ったところに鉄道公園らしくSLが保存されています。こちらのSLには日本製の銘板がありましたので、戦後すぐに日本から大量に海を渡ってきたうちのひとつかと思われます。

十数年前にここで写真を撮った際はピカピカに磨かれていたのですが・・・。

メインゲート付近の自転車・ランニングの共用部分です。

自転車道路は明確に色分けされているうえ、このあたりはみなさん安全運転しています。

ゴルフコースだった頃の雰囲気を良く残しています。このホールはこのゴルフ場では珍しく広々とした感じ。距離もあるので、パー5なのかな。

こちらはパー4(と思われる)池越えホールです。

グリーンを狙って力強いショットをするのですが、、、ポチャ!というのがあるあるですね。えっ?力強いじゃなくて、リキんでるだけとも。

立派な気根を備えた巨大な木が密集しているエリアを通り抜けます。バンコク中心部にジブリの世界。

公園内には蝶園もありますが、今回は早朝で開園前だったので、また別の機会に行ってみることにします。

公園巡りに向かいます

このエリアはには巨大公園が3つ密集していて、簡単に行き来できますので公園巡りに出かけます。

Queen Sirikit Park

鉄道公園からジャングルクルーズに出てきそうな木造の橋を渡ってクイーン・シリキット公園に向かいます。

この公園はシリキット皇太后の60歳の誕生日を記念して、1992年にRailwayゴルフ場の南側にオープンしています。

こちらはさまざまな植物が美しく栽培されているのが特徴で、バンコクでも有数の綺麗な公園だと思います。蓮の花も美しい!

このあたりは各種の椰子を栽培。

公園の中心にある島に渡るには水面スレスレの石橋を渡って行きます。増水期には絶対に水没すると思うのですが、どうやって島の植物の世話をしているのでしょう・・・。船?

2021年3月の英字新聞で読んだのですが、このシリキット公園を都市型農業をテーマにした公園にしていくとのこと。

チャトチャック公園に近いエリアでは、すでにお米の栽培が始まっていましたので、これを拡大していくんでしょう。最近は都市型農業ブームですね。

関連記事

こんにちは、ばんばんです。 涼しかった2021年の冬が去り、急に猛暑が襲ってきたので、あまり出掛けていませんでした。 ということで、今回は家のすぐ近くの大農場、SANSIRI BACKYARDを紹介します。 まずはT77 Co[…]

ばんばんもこんな小屋が欲しいです・・・。

チャトチャック公園

BTS駅前のチャトチャック公園は1996年にオープンしています。とても細長くて結構広いです。

歩き疲れたので、BTSで涼みながら帰ることにします。

まとめ

ウイークエンドマーケットへのついでにチャトチャック公園に立ち寄ったことがある方は多いかと思いますが、鉄道公園やシリキット公園はちょっと頑張りが必要です。

ただ、この二つの公園はそのちょっと頑張っても行ったほうが良いほど特徴のある公園だと思いますので、次回ぜひ足を運んでみてください。家族でサイクリングなんて楽しいですよ。