祝!Pokemon Go Fest〜ポケモンがバンコク案内〜

こんにちは、ばんばんです。

みなさんPokemon Go Festに参加しましたか?

ばんばんはもちろん参加チケットを購入して、娘と参戦しましたよ。

4年間本気でPokemon Goに取り組んできた集大成(そろそろ娘が飽きて来た)ともいえるFestへの参加です。それを記念して、ポケモンがカオサン通り周辺の見どころを案内しますね。

Pokemon Go Festとは

例年世界数カ国で開催されてきたPokemo Goのリアルイベントです。有料のケース、無料且つ抽選制のケースもありました。レアポケモンや色違いポケモンが出やすいということで、ものすごい数のトレーナーが参加するのが当たり前のビッグイベントです。

ところが、2020年はコロナの影響でリアルイベントを開催できないため、有料全員参加型のイベントとなりました。

 

トレーナーがアップした写真が共有されていたり、新しいポケモンが実装されたりと熱い二日間。

さて、今回はPokemon Go Fest 2020への参加を記念して、ポケモンがバンコクを案内しまーす。

ヒトカゲがカオサン周辺をご案内

トップバッターはヒトカゲでーす。バックパッカーの聖地と言われるカオサンからスタート!

  

(左)朝のカオサン通りはこの静けさです。最近歩道が大幅に広げられて、屋台を計画的に配置するようになるようです。コロナの影響で西洋人の姿はまばらで、シャッターを下ろした店が多数という状態。

(右)民主記念塔のロータリーにやってきましたー!これは1932年のシャム・クーデターで絶対王政から立憲君主制に移行したことを記念して建設されました。今でも政治デモ会場になることが多く、日本大使館から近づかないようにと頻繁に連絡をもらう場所ですね。実は、今夜もデモが予定されているようで・・・。

  

(左)はい、こちらがマハカーン砦です!ってドーブルが被ってるじゃない!!!

(右)改めまして、こちらがマハカーン砦と黄金の山ワット・プーカオトーンです。面倒だと思って登ったことない方はぜひプーカオトーン登ってみてください。体験型(階段登り)&絶景ビューの分かりやすいナイスな観光地です。

では、ヒトカゲの案内はここまででーす。ボー!!(火を吹いた)

ゼニガメがラチャダムヌン通りをご案内

ここからはゼニガメがタイのシャンゼリゼと言われるラチャダムヌン通りをご案内します。

  

(左)見て見て!ここから旧国会議事堂に向かって美しい並木道が続いています。

(右)道と道の間の歩道を歩くのがベスト。

  

(左)国連のESCAP(アジア太平洋経済社会委員会)がバンコクに拠点を置いて活動しています。普段は各国の旗がたなびいているのですが、この日は日曜日の早朝・・・。竿が寂しいです。

(右)Dusit地区の広場に到着!後ろに何か見えますので、あとはピカチュウに案内してもらいましょー。

ピカチュウがDusit地区をご案内

ピーカー!!ふわふわと風船に乗って案内しまーす。

  

(左)タイの三大王の一人であるラマ5世(チュラロンコン大王)騎馬像です。この方のおかげでタイの近代化が大幅に進んだんですよね。凛々しいお姿です。

(右)1907年にラマ5世によって迎賓館として建てられたアナンタ・サマコム宮殿です。国会議事堂として使われたこともあったようですが、ここ数年は中の見学もできなくなっています。ぜひ見てみたいですね。

  

(左)Dusit動物園跡地でーす。郊外に動物園ができるという話でしたが、結局どうなったのでしょうか?動物園時代は子供たちの楽しそうな声が響き渡っていただろうに・・・。

(右)Suan Dusit大学です。世論調査を実施している機関としてよく名前を聞く大学ですね。こんなところにあったんだ!ピーカー!

ということでは、ピカチュウはここまで!ピーカー!

フシギダネがサムセン通りをご案内

ここからはフシギダネがみんなの知らないサムセン通りを案内するよ。だねだね!

  

(左)見て!あの廃墟!と思ったら、まだ普通に使ってるみたい。改装してカフェにしたい・・・。だねだね。

(右)ここはタイ国立図書館です。大きな建物がいくつもあって、敷地内に大きな木が生い茂ってるよ。だねだね。

  

(左)クルン・カセーム運河とチャオプラヤ川の分岐点にあるテウェート市場。植木市も有名みたいだから、ふしぎだねの友達いるかも。だねだね。

(右)タイ中央銀行でーす。立派な博物館と川沿いにカフェがあってゆっくり寛げるみたい。だねだね。

ふしぎだねはここまで!だねだね。

アンノーンがバンランプーをご案内

ここからはアンノーン(g)と(o)がご案内しまーす。二人合わせて、、、go!

  

(左)魚に占拠された廃墟として知られる、元New Worldデパートです。ググってみるとたくさん出てきますので、興味ある方はどうぞ。

(右)バンランプーの歴史や文化を伝える博物館です。楽しめるように工夫されていて、しかもとても綺麗な博物館でお勧め!

  

(左)チャオプラヤー川に面したプラスメン要塞。バンコク防衛の要所だったんですね。今はきれいな公園として整備されています。

(右)趣のあるショップハウスが並んでいます。おしゃれなカフェやレストランも多く営業中です。

まとめ

いつもの散歩にPokemon要素を盛り込んでみたところ、散歩自体を楽しむことができました。

なかなか行く機会のないエリアでしたので、ばんばんも興味津々で見学しつつ、一生懸命ポケモンを画面に出現させていました(実は結構面倒で、少し広めの平たいエリアが必要)。

ぐるっと一周して約8km、2時間のお散歩でした。ピカチュウ、ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギバナにアンノーンありがと!

 

みんなで記念写真みたいで良い思い出。