ノボテル・プーケットシティ宿泊記〜絶景バーの夕暮れ〜

こんにちは、ばんばんです。

先日プーケットに旅行に出かけた際に予想していなかったアップグレードでノボテルのEXECUTIVE ROOMに宿泊することができましたのでレポートしますね。

今回宿泊したのはプーケットタウンという中心都市。

昔ながらのショップハウスが並ぶ趣のある街です。

ノボテル・プーケットシティ概要

今回予約していたのは、1泊税込み1200バーツ(約4000円)ほどのIbis Styles Phuket Cityというホテル。

毎日出かける予定があって、ホテルでのんびりする時間もないので安くて良いかなと。

宿泊2日前になってプーケットから電話があって、隣接するNOVOTELにアップグレードしたので直接来てくださいねとのこと。

さすがはプラチナメンバーの威力!と思いましたが、現地で聞いてみると、現在Ibis Stylesは閉鎖中とのことで、全員ノボテルに移動しているようです。

ただ、予約は受け付けているので、安価なホテルを好む旅行者も含めて、何とかしてお客さんを確保したいという苦肉の策なんでしょう。

ノボテルプーケットはプーケットタウンの中心地(だった場所)近くにある18階建ての高層ホテル。たぶん、街で一番の高層ホテルなので良く目立ちます。

確か10年ほど前はここが中心地で、今でとなっては寂れ切ってしまったデパートがあります(ほぼ誰も歩いていませんが)。一方で徒歩2分のマーケットは朝から大賑わいです。

建物は若干古くなっていますが、中はきれいに改装されていますので、新築のホテルとそんなに変わらない快適な滞在ができますよ。

タワー型ホテルなのでロビーはそれほど広くありませんが、1階にはレストランとラウンジがあります。

プールは3階で半分室内。リゾート感ゼロ・・・。しかもコロナで閉鎖中。

ノボテルの部屋に入ってみよう!

アサインされたのは、7階にあるEXECUTIVE ROOM。特にラウンジがあるという訳ではないですが、とりあえずどーーんと広い42平米の部屋。

ちょっと家具と家具の間に余裕がありすぎて落ち着かないレベル・・・。

巨大ベッド(シングルを二つくっつけた)で余裕です。もともと、真ん中で寝ることはないので、快適。

椅子が三つもあるデスクから入口方面。

窓から左側をのぞき込むと海が見えました。オーシャンビューの部屋だったんですね。

プラチナ特典のフルーツ盛り合わせをいただきました。

普段はあまり食べないんですが、この日はビールのつまみにして、まさかの完食。

ノボテルなのでバスタブはありませんが、水回りはとにかく広々していました。トイレは右側です。

朝食を食べに行こう!

朝食なしのプランで予約していたのですが、プラチナ特典として朝食無料がついてきますので、いただいておきましょう。

朝食会場は1階のAMOR Restaurant。

コロナ対策なのか、ゆったりとしたスペースがとってあります。また、お客さんも少ないですし・・・。

とはいえ、NOVOTELとしては十分な種類を準備していますね。

高級食材はありませんが・・・、種類豊富でOK。

こちらはライブキッチン。卵料理、麺、飲茶コーナーがあります。

さすがにエッグベネディクトはないので、目玉焼きを毎日いただきました。

1日目はこんな感じ。飲茶とグリーンカレーのカノムチン(米麺)がちょっと珍しいです。

2日目は炒飯で。

夕日を見にルーフトップバーへ行こう!

ホテルの最上階(17階でエレベーターを降りて階段で18階へ)にはESTRELA SKY LOUNGEがあります。

普段は一人でバーにお酒を飲みに行くことはないのですが、ウエルカムドリンク2杯のチケットをもらったからには行くしかないですよね。

長いカウンターの向かい側には大人の雰囲気のバーがあります。

そして、二方向のバルコニーでは外の景色を見ながら飲むことができます。

たぶん、プーケットタウンで一番見晴らしの良いバーでしょう。

こちらは海側。

こちらは山側。西を向いているので、夕日を眺めるためここに陣取ります。

ビールとカクテルをいただきました。

暑かった1日の終わり。

プーケットタウンの夕日は山へと沈んで行くのでした。

まとめ

リゾートでプーケットに来る方は宿泊する機会がないと思いますが、きちんとした都市型ホテルといった印象でした。

バンコクのノボテルだと30平米に満たないことが多いのに、ここは42平米とゆったり。

プーケットタウンにはオールドタウンという観光地もあるので、リゾートエリアから足を延ばして来る方も、夕日を見にノボテルのバーに行くという使い方もありかもしれませんね。