タイで投資を始めてみた〜2021年3月結果報告〜

こんにちは、ばんばんです。

2020年7月に思い立ってタイで投資を始めてから半年を超え、色々な取引も板についてきました。

3月は2月の仮想通貨暴騰に続いての爆騰でした!

2021年3月の取り引き

3月上旬の段階ではばんばんが利用している取引所が発行する独自通貨ZMTを260万バーツ、USドルにほぼ連動して安定しているUSDTを100万バーツほど保有していました。

2月中旬には資産が毎日100万円増えていくワクワクを味わいましたが、3月は1週間で1000万円増えていくドキドキを味わいました。

ZMTの急騰の際にはUSDTを全て売却して、その波に乗ったことは言うまでもありません。

そして、3月20日頃にZipmex社より保有ZMTへのトークン付与率改悪のアナウンスがあったあたりから価格が迷走中です。これを受けてZMTを一部売却し、1ビットコイン(約175万バーツ)を購入してみました。

その他取引では、投資信託の金先物を買い増し、新たに7種類の投資信託を購入。一方で、一気に状況が悪くなった新興国債券を売却して損切りをしました(-3,500バーツ)。

結果発表

仮想通貨は、BTCとZMTを保有しています。

No. 投資信託名 2021.3
1 KF-GOLD

(金先物)

700,000 -20,369
679,631 -2.91%
2 KFINNO-A

(ARK)

100,000 -1,478
98,522 -1.48%
3 KFINFRA-A

(次世代インフラ)

100,000 -1,478
98,522 -1.48%
4 KFGPROP-A

(世界不動産)

100,000 -1,218
98,782 -1.22%
5 KF-HUSINDX

(S&P500)

50,000 -367
49,633 -0.73%
6 KF-ACHINA-A

(中国上海A)

50,000 -552
49,448 -1.1%
7 KFVIET-A

(ベトナム)

50,000 -347
49,653 -0.69
8 KF-INDIA

(インド)

50,000 -739
49,261 -1.48%
9 仮想通貨

 

1,000,000 7,470,000
8,470,000 747%
合計 2,200,000 7,443,452
9,643,452 338.3%

新興国債権(投資額:100,000バーツ)を売却して3500バーツの売却損がでています。

昨年から始めた投資資産が3000万円以上に膨れ上がってドキドキの毎日でしたが、タイと日本の物価水準(3倍以上)を考えると、気分はすっかり億り人です。

2021年4月以降の展望

ここのところ米国国債の利回り上昇を受けてハイテク株が値下がりしたり、米中間の先行き不透明感から中国株も下落してきていました。

ある程度調整が進んだかなということで、春を迎えるこの時期に経済復興を期待して新たにがっつりと購入してみました。さて、吉と出るか凶と出るか?

一時期ワクワクしていた仮想通貨も基本的には保有を決め込んでおり、あまりやることがなかったことも投資信託再購入のきっかけです。

良い知らせを待ちましょう!