イビス・パタヤ宿泊記〜ファミリールームはプレステ完備!〜

こんにちは、ばんばんです。

パタヤにあるCatoon Network Amazonウオーターパークと子供の城ともいえるハーバーランドに遊びに行って来ました。

今回は、アクティビティ満載の予定でホテル滞在時間も短いだろうということで、バジェットホテルであるibis Pattayaに泊まってみましたので紹介しますね。

ibisのロケーションと行き方

ビーチロードと2ndロードに挟まれた敷地内にHoliday Inn, Mercure Ocean Resort, そしてibisと3つのホテルが同居しています。場所的には北パタヤエリアで、Amariホテルのすぐ横に当たります。

 

写真右側がHoliday Innで左側がMercure Ocean Resortです。我らがibisは海から一番遠いところにあります。

 

この立地はなかなか便利で、ビーチロードを渡ればすぐ海ですし、2ndロード側にも左へ行けば新しく開業したTerminal 21、右へ行けばCentral Marinaモールが徒歩数分です。

パタヤライフには欠かせないコンビニも充実していて、敷地内のHoliday Inn別棟に大きなセブンイレブン。2ndロードとの角にセブンイレブン、道を渡ればファミリマートです。

レストランとスイミングプール

 

レストランはTASTE Restaurantが朝から夜まで営業しています。朝のビュッフェはホテルのあちこちに150B++と掲示してあるので内容としてはたいしたことはありません(料金相応ですな)。

ばんばんはプラチナ特典でいただいている身なので、ありがたくいただきました。カジュアルな雰囲気でみんな楽しそうに食べています。

 

ウエルカムドリンクはロビーの奥にあるバーでいただくことができます。シルバー、ゴールド、プラチナムとメニューが分かれていて、シルバーとゴールドにはアルコール無し!

プラチナ会員で選択できる唯一のアルコールがチャンの生ビールだけというなかなか渋い。直前にビールをしこたま飲んでいましたが、もちろん生ビールをいただきますよ!

 

プールは1階のバーの横にありますが、真四角の面白みのないプールです。バンコクのマンションについてそうな感じでリゾート感はほぼありません。

ただ、部屋にいてもプールからの楽しそうな声が聞こえてきましたので、利用者は多い感じでした。

ibisのファミリールーム

 

今回は、アップグレードではなくファミリールームを最初から予約して二段ベッドを楽しみにしてきました(娘が二段ベッド好きなもんで)。

部屋の大きさは31平米とまずまずの広さです。他の部屋は21平米となっていますので、ほぼ1.5倍の広さとなります。

 

クイーンサイズベッドの反対側に二段ベッドが置かれ、そのすぐ横には子供用のソファーとプレイステーション3が準備されている力の入れようです。ただ、入っていたソフト、マインクラフトがイマイチ面白くなかったようで、すぐにやめてしまったのは残念。

トイレとシャワーは日本のビジネスホテル並みにコンパクトですが、使いやすかったです。

この部屋の難点をあえて挙げるとすると、エアコンの調節が難しいということ。エアコンの送風口が二段ベッドの正面にあるため、ここを寒くさせないために弱めるとクイーンベッド周辺が暑くなってしまう・・・。 

まとめ

ibisホテルに家族で宿泊するのは初めてでしたが、快適な滞在ができたと思います。

今回のケースのように、ホテル滞在時間が短いうえに他のホテルよりいい値段が出ていた場合はibisのファミリールームも選択肢に入れて良いのかなと思います。

ばんばんの場合は、娘がMercure Pattayaのファミリールーム押しなので、あちらが異常に混み合っている時に限られるのかなあと思います。