クラブメッド・バリのオールインクルーシブ1日券

こんにちは、ばんばんです。

ずーーーーと前からClub Medに憧れていました(遠い目・・・)。ただ・・・、高いんですよね。

先日、バリ島で宿泊したSofitelのすぐ横がClub Med Baliだったので、1日券(Day Pass)を購入してClub Medの世界を体験してきました。

憧れ続けたClub Medはどうだったのかレポートします。

Club Med Baliとは?

Club Medの歴史は1950年に非営利団体・地中海クラブが設立されたところから始まります。現在は世界25か国でバカンス村を展開するまでになっているんですね。

また、Club Medは宿泊、食事、アクティビティから夜のパーティまですべて料金に含んだオール・インクルーシブの原点としても知られています。

 

さて、インドネシアのバリ島には1986年にNusa Dua地区にバカンス村をオープンしていますので、30年以上の長い歴史を持つバカンス村です。

Nusa Duaの中心的存在であるBali Collectionから北に向かい、「Melia」「The Laguna」「Westin」「Nusa Dua Beach」「Sofitel」を超えたところ。

Day Passの種類と購入方法

 

Club Medホテル周辺にもDay Passの宣伝が掲示されていたので、ホテルで直接購入できるのかもしれませんが、ばんばんはKLOOKというネットのツアー会社で予約しました。

このKLOOKという旅行会社は香港の会社で以前香港ピークトラム観光で利用したこともあり、きちんとした印象をもっています。今回も、Club Medの1日券、空港送迎、車1日チャーターを予約して、すべて合格点でした。(ばんばんはトラブルにあったことがないだけかも)

さて、KLOOKで販売の入場チケットは以下の4種類が用意されています。

  • Day Pass 10:00-18:00
  • Afternoon Pass 14:00-18:00
  • Evening Pass 18:00-00:00
  • Full Day Pass 10:00-00:00

これに加えて、大人用/子供用、送迎付/送迎なしからの選択となります。

ばんばんは10:00-18:00のDay Passを大人・子供1枚ずつ、送迎なしで予約しました。クレジットカードで決済を終えると、すぐにバーコード付きのバウチャーが送られてきましたので、当日はこれを印刷して持参もしくはスマホで提示するだけでOKです。

Club Med Baliのアクティビティ

当日配布されたアクティビティプログラムを超要約するとこんな感じです。

  • ウオータースポーツ(ウインドサーフィン、シュノーケリング、カヤック、スタンドアップパドルボード、ボートクルーズ)
  • アーチェリー
  • サーカス(空中ブランコ、バンジーバウンス)
  • クラブハウス(テニス、スカッシュ、バドミントン、ゴルフ、バスケットボール、バレーボール、サッカー)
  • フィットネスセンター(ヨガ、ウオーキング、フィットネス等のプログラム)

アクティビティではないですが、AGUNG BUFFET RESTAURANTとDeck “a la carte” RESTAURANTでランチをいただけます。

 

また、大人のアクティビティとしては、KINTAMANI BAR、TUPAI BEACH BAR、DECK BARでアルコールも好きなだけ楽しむことができます。

Club Med体験記(子供談:想像)

 娘は10:30-17:00までMini-Clubという4~10歳が対象のプログラムに終日参加していましたので、ここからは想像で日記風にて体験記を。

 

 今日はお父さんと一緒に楽しみにしていたClub Medに行ってきました。最初に目についたのが、空中ブランコだけど怖いから嫌だっ!。お父さんとキッズクラブに行ってみると、ミニクラブのみんなは空中ブランコやってるよって。ガーン!

 まさかの空中ブランコ。5mくらいの階段を真上に登っている時はドキドキして息ができないくらいだった。でも上に登ってみたら楽になって怖くなかったよ。すぐに落ちちゃったけど、近くで見てたオーストラリアのおばちゃんが”Good Job”って褒めてくれた。

 次は水着に着替えて水中オリンピック。ようやくここでお友達と一緒になった。今日のお友達は12人ぐらいいて、西洋人っぽい子が10人の、シンガポールから1人とタイから私。プールでは、G.O.のお兄ちゃん達も一緒になって競争したり、ボール遊びしたりで、私も真剣になっちゃった。

 ランチはすっごく大きなレストラン。ハンバーガーを自分で挟んで作ったり、パンケーキがあったりと目移りしちゃった。水泳したあとだったのでおいしかったよ。

 食事のあとはキッズクラブに戻って、すぐ横の子供専用プールで水かけ遊びやゲーム。今度はもっと小さな子達も参加してワイワイ楽しかったな。

 そして、スナックタイム。あれ?また食べるのと思ったけど、今度はケーキやお菓子大好きだからいいや。

 夕方涼しくなってきた頃には、芝生広場でお祭りで見かけるような遊具で遊んだり、綿アメもらったり。どっちも大好き!そして今日のお友達とはバイバ~イ。

 お父さんが迎えに来て、一緒に大人たちの空中ブランコ見てた。今度は成功させたいななんて思ってたら、お父さんがもう帰るって。えーーーっ!まだ時間あるのに・・・。

 バイバイ・・・クラブメッド。また行きたいな。

Club Med体験記(ばんばん)

 

 今日は楽しみにしていたClub Medへ。宿泊していたSofitel Nusa Dua Resortから徒歩2分で到着です。警備員にパスポートを預けると、フロントまで引率してくれました。

 フロントでは、Club Medの概要説明を受け、タオル貸し出し券をもらい荷物を預けます。娘のパスポートがかばんに入っていたので、プール付属のロッカーよりはフロントの方が安全だという説明でした。何回でも取りに来ていいよとのこと。

 

さて、もともとは娘と一緒にアーチェリーやウインドサーフィンなんてやりたいねーと話していたのですが、いざキッズクラブに行ってみると・・・。1日ミニクラブに参加するから、バイバーイって・・・。

 

キッズクラブで必要事項を記載提出し、急いでみんながいる空中ブランコへ向かいます。最初は嫌がっていた娘も、この流れの中で覚悟を決めたようで果敢に挑んでいきます。

っが、階段を登りながら明らかに緊張している呼吸が聞こえてきます。G.O.に励まされながらブランコをつかんでジャンプ!すぐに落ちてしまったけど、ばんばん感涙。成長したなと。

 

さて、ここでばんばんはキッズクラブのみんなを付け回すのをやめ、読書しながら飲み続けることに。まずは、プール横にあるメインバーで、「ビール①」「ビール②」「ビール③」。

ちょっとキッズクラブの様子を見にいくも、「もちろん、このまま遊びたい!」とのこと。

 

お腹空いていないけどランチに行くことに。AGUNG BUFFET RESTAURANTはプール横のショップが並ぶ建物の二階にあります。巨大なレストランの中にインドネシア、イタリアン、中華、韓国、日本といった各国料理ブースやサラダ、ハンバーガーエリア(自分で挟んで味付け)、デザート等が配置されています。

 

ばんばんは、チキンバーガーとピザ。そして「ビール④」「ビール⑤」。昼の時点ですでに5杯ですね。

 

お腹もはち切れそうになってきたので、バカンス村の散策に出かけます。ショートコースのゴルフ場まであるバカンス村はかなりの広さです。結局端にあるテニスコートの方までたどり着きませんでした。

宿泊棟は決して豪華な雰囲気ではありませんが、基本は外に出てきてみんなで遊ぼうよというコンセプトなので、むしろ簡素の方がいいのかなと思います。

 

そしてたどり着いたのが、TUPAI BEACH BAR。ここはNusa Dua地区のホテル同士を貫くビーチ沿いの歩道横にあるため「Open for Public」の看板も出ていました。青い空に青い海、白い砂浜に心地よい風が吹く素敵なビーチバーで「ビール⑥」。

そして、締めに最初のメインバーで「ビール⑦」。

 

 17時に娘を迎えに行き、時間をほぼ使い切ってClub Medを後にしました。

まとめ

ずーーーっと憧れていたClub Med初体験はどうだったか?

娘:100点。ばんばん:70点。

ばんばんは体調が悪くてプールに入れなかった(とはいえ、ビールは飲めますが)というのが大きかったと思います。やってみたかったウインドサーフィンもできなかったし・・・。

次はあるのか?ということで、ホームページで価格をチェックしてみたところ、やはり宿泊して遊ぶには少し高い・・・。Nusa Duaに宿泊して、今回みたいな1日券ならありだなという結論に至りました。(バリ島までの航空券代はちょっと置いといて)

Club Medの一日券が発売されているという話を今回初めて知りました。他でも同様のシステムがあるのか調べ切れていませんが、タイのプーケットでは見当たりません。

Club Medを体験してみたいけど、ちょっと高いと思っている方には良いシステムだと思いますよ。