チェンマイのチャンモイ・ハウス宿泊記

  • 2021年12月27日
  • 2021年12月27日
  • ホテル

こんにちは、ばんばんです。

みなさんチェンマイは好きですか?ばんばんは、たぶん30回以上チェンマイに遊びに行っていますが、今回は現地11泊。

最初に4泊宿泊したゲストハウス「チェンモイ・ハウス」が想定外に良かったのでレポートしますね。

チャンモイ・ハウス概要

チャンモイハウスは現地(もしかしてバンコクの?)の若者に人気のチェンモイ通り横にあるゲストハウスです。

昔ながらの木造の部屋に加えて、最新のおしゃれなデュプレックタイプも選択することができる、さまざまなタイプの部屋を持っています。

50メートル歩くと人気の雑貨屋と終日若者で溢れかえるカフェ「Brewginning coffee」があります。

さらに100m歩くと、CGM48のロケに使われるようなウオールアートがあったり。

緑あふれるチャンモイハウスの外観。Yaring Cuisineというタイ南部料理のレストランを併設しており、朝食はそこでいただくことになります。

チェンマイ観光の起点になるターペー門へは徒歩5分程度、大規模市場のワローロット市場も徒歩圏内です。

セブンイレブンは徒歩4分ほどで、ランドリーは宿の横にあります。

近くに若者が集まるパブがあるようで、週末は夜遅くまで賑やかでした・・・。

テンプルビュー・スイートへ入ってみよう

今回宿泊したのはテンプルビュースイートという部屋。

ホテル予約サイトの写真を見て、バルコニーが大きいのが気に入りました。

広さ40平米を誇り、ダブルベッドの前にはソファーエリア。

この部屋の良いところは、昼間暑くないところ。エアコン、扇風機をつけなくても涼しいくらいでした。

大きな液晶TVも設置されています(一度もつけませんでしたが・・・)。右側には冷蔵庫と電子レンジ、作業机&鏡台。

ベッドには蚊帳を備えていますが、特に蚊がいなかったので利用せす(デコレーションか?)。

また、毎日掃除に入ってくれます。

バスタブはありませんが、ゆったりとしたバスルーム。ゲストハウスでは珍しく、臭わないというのが高評価です。

シャワーエリアはカーテンで覆えるので、床全体がびしょびしょになるということはありません。

この部屋は、バルコニ〜が最高。隣のお寺から終日風鈴の音色が聞こえてきます。

机に加えて、物干しエリアがいいですね。宿の隣にランドリーがあるにもかかわらず、毎日の手洗いがはかどりました。

机の向こうには、三角まくらのお昼寝エリア。

チェンマイに来る前は、毎日カフェにでも出かけようなんて考えていましたが、、、撃沈。

部屋が快適すぎて・・・。

ちょうど寒波がやってきていたので、ぽかぽかと暖かいバルコニーは最高でした。バンコクでは考えられない至福の時間。

コロナのこの時期に宅飲みするのにも重宝しました。

もちろん朝食付きなんです

1泊あたり700バーツ以下でこの部屋に宿泊していたのですが、もちろん朝食付きです。

基本はアメリカン・ブレークファストか、お粥からの選択制です。

3日間アメリカンをいただきました。サラダとタイ菓子が嬉しいですね。

最後の朝には、長く宿泊してからと特別料理を振る舞ってくれました(感謝感謝)。

南部料理レストランで提供しているロティとカレーをいただきました。ロティがサクサクで美味しかった。

まとめ

結論から言うと、居心地が良くてリピートあり。

テンプルビューの大きなベランダも良かったし、元気なスタッフも良かった。

ただ、別の部屋を見せてもらったら、ごくごく普通のゲストハウス。

と言うことで、テンプルビューの部屋がリーズナブルな価格で出ていたら超絶おすすめです。他の部屋だったら他にも良いゲストハウスがあるかもしれません。

次回チェンマイに行く機会があったら、最初にチェックする宿(部屋)に認定します。