バンコクBTSの終着駅はどうなっているのか?1日で4ヶ所巡ってみた

  • 2021年2月13日
  • 2021年10月9日
  • 鉄道

こんにちは、ばんばんです。

バンコクの都市高架鉄道BTSが開通して20年以上が経過し、BTSはバンコクになくてはならない存在として完全に定着しています。

この20年間で路線は延伸に延伸を重ねて、1都2県にまたがる長大な路線へと発展してきました。

新規開業した北部区間を乗りに行こうと1日乗車券を購入したので、せっかくだからと2線の全区間を乗りつぶして終点駅を見に行くことにしました。

2021年2月現在のBTS

BTSはBangkok mass Transit Systemの略称で1999年に開業しました。

2021年2月現在の路線はスクンビット線が47駅54km、シーロム線が14駅15kmとなっています。

路線図を見ると、スクンビット線の長さが際立ちます。各駅停車しか走らならい都市鉄道とは思えない距離ですね。

東京メトロ東西線が23駅30kmですから、比較するとその長さが分かると思います。

W1: National Stadium駅

シーロム線の西側の始発駅National Stadium駅(バンコク都)は1999年の開業当初からある駅です。

英語名はNational Stadiumでタイ語正式名はサナームキラー・ヘンチャートですが、駅名表示はサナームキラー(競技場/運動場)だけの記載になっています。

運動場って・・・。

駅は”Theタイ”を感じられるショッピングモールであるMBKに直結で超便利。

後ろには駅まで徒歩数十メートルのMercureホテルが聳え立っています。

関連記事

こんにちは、ばんばんです。 コロナの2020年も12月に入ってタイは乾季の旅行シーズンに入りました。 今年に限って政府が12月上旬に4連休を設定しましたので、ばんばんもMercure Siamでバンコクホテルライフを楽しんできま[…]

駅の横にはスパチャラサイ国立競技場を中心としたスポーツコンプレックスが広がっています。

だいぶ前にこの国立競技場で第三国でのサッカーW杯予選、日本vs北朝鮮(無観客試合)が行われたことがありました。

練習時は一般に公開され、その後追い出されると聞いていたのですが、実際にはそのまま観戦できたということがバンコクの日本人社会で話題になったことがありました。そんな素敵な競技場です。

始発ですからまだガラガラで、次のサイアム駅まで車両を独占できることも。

S12: Bang Wa駅

シーロム線の南側の終着駅であるBang Wa駅(バンコク都)は2013年に開業しました。国立競技場駅から約14km。

ペットカセーム通りというタイ南部まで続く国道4号線との交差点上に位置しており、鉄道交通から取り残されていたバンコク西部地区にとっては画期的な延伸開通でした。

2020年にはMRTが延伸開通し、BTSとMRTの乗り換え駅として機能しています(パーシーチャルーン運河ボートにも乗り換え可)。

MRTのホームはBTSよりもさらに高架に設けられていますので、地下鉄とは思えない高さになっています。BTSの改札階から写真左側のエスカレーターで上階に上がるとMRT の改札口です。

沿線や駅周辺は高層マンションがニョキニョキと増えてきました。

E23: Kheha駅

次はスクンビット線を見てみましょう。

東の終点はサムットプラカン県にあるKheha駅で、2018年に開業しています。サイアム駅から23駅目で約32km。

この駅はスクンビット通り(東へ向かう国道3号線)の上に設けられており、すぐ横に運河が流れています。

う〜ん、遠くまで来たなと感じさせる風景です。

しかし、周辺にこれだという商業施設が見当たりません。皆さんここでバスやソンテウに乗り換えて先を目指すのでしょう。

線路は現在少し先の電車車庫に向かって伸びていますが、将来的にはもう少し先まで延長されるかも知れません。

N24: Khu Khot駅

BTSに揺られて約1時間20分で北側の終点パトゥムターニー県Khu Khot駅です。

サイアム駅から23駅(N6が未開業で欠番)。以前は遠いと思っていたMochitが7駅目ですからかわいいもんです。

Khu Khotとタイ文字で書くと、同じような模様が3つ並ぶんですね・・・。

周りはほぼ何もない原っぱです・・・。

しかし!なぜここに終点を設けたかというと理由は2点。

  1. 近くに広大な車庫を建設
  2. ラムルッカー通り方面からの巨大駐車場を建設

BTSもいよいよパーク&ライドに本腰を入れてきたようで、隣のコーポーオー交叉点駅には国道1号線に隣接した巨大駐車場を整備しています。

まとめ

バンコクのBTSを1日で乗りつぶして、終点4駅をめぐってきた感想は、、、「寒かった」。

普段は長くても20分程度しか乗らないのに、今回は1時間20分です。体が冷え切るわけです。

1999年に都市鉄道として初めてBTSが開通したバンコクですが、MRT、エアポートリンク、パープルライン、ゴールドラインが開通し、2021年にはSRTレッドライン2線の開通を控えています。

今まではバスで行くしかなかった場所に鉄道でアクセスできるようになるのはとてもありがたいですね。ただ、値段は安くないので、乗り継ぎ割引を導入して欲しいです(要望書でも書こうかなあ)。