BNK48の映画が公開されたので映画と舞台挨拶を見てきた

こんにちは、ばんばんです。

ずっと楽しみにしていたBNK48がイサーン(タイ東北地方)で撮影した映画「タイバーン x BNK48」が公開されましたので、最初の週末に舞台挨拶のある会を観に行ってきました。どんな感じだったかレポートしますね。

タイバーンxBNK48はどんな映画なの?

ばんばんも知らなかったのですが、イサーンを扱った映画(TV?)で人気があるタイバーンというグループの最新作にBNK48が出演するという感じです。

少しネタバレになりますが、BNK48というアイドルグループが次の曲をイサーン風でいくという極秘プロジェクトが始まり、イサーンに宿泊合宿へ。最初は食事や動物にブツブツ言っていたのですが・・・。

2回目の滞在あたりからは、現地の方々との交流や自然の中で心を開いていきます。

ところが・・・ある事件をきっかけにプロジェクト禁止のお達しがでます。さて、メンバー達はこの歌を歌うことができるのか・・・??

SFX Cinemaセントラル・ラップラオへ

ばんばんが出かけて行ったのは、SFX Cinemaセントラル・ラップラオでした。というのもこの日15:30の会にBNK48の舞台挨拶が予告されていたからです。

以前であれば、どうやって行くかなあと悩むところですが、昨年BTSが延伸して「ラップラオ・五叉路駅」が開業して駅直結になりました。超便利です。

上の写真で15:30の会がそれなのですが、右端の「SUB(字幕)」に注目!!

ENG(英語)の横にTH(タイ語)があります。そう、この映画の半分ぐらいはイサーン語(東北地方の方言)で展開されますので、イサーン出身者以外は聞き取れないということで、タイ語字幕付きなんですね。

ここの映画館は初めて行きましたが、我々のシアターはZIGMAという特別な部屋らしく、螺旋階段で登っていきます。なんかテンションアップ。

初めてスイート席に感動

さて、この日の15:30の会はもちろん満席売り切れです。ばんばんは前日夕方の段階で6つだけ空いていたスイートを予約していました(普通席、プレミアム席は全席売り切れだった)。

ZIGAMAシアターでは、一番後ろのA列とB列の12箇所(24席)にスイートが設定されています。

この日は舞台挨拶ということで、前から座席が売れて行き、一番後ろで料金も高いスイート席だけが前日の段階で残っていたのでしょう。

映画館の外に飾ってあったスイート席です。実際のシートは、全面皮張りで足置き場が180度上がってきてベッドの上でTV見るように寛げました。ただし、背もたりはわずかに倒れるだけ。USB電源付きです。

ちなみに料金は2人で750バーツ。ちょっと高いけど許容範囲ですね。

舞台挨拶キターーー!

楽しく映画を見終わって、エンドロールが流れ始めた頃にアナウンスがありBNK48のメンバーが入ってきました。この日来てくれたのは、新曲のセンターであるナムヌンと映画の中で最も目立っていたヌーイ、ケーウ、モバイルの計4人でした。

ただ、この映画館はスポットライトがないうえ、最後列だったのでよく見えませんでした・・・

座席番号で観客がステージに呼ばれて、メンバーに感想を言うというコーナーがあり、2人目の男性はイサーン語でいろいろと喋り、ナムヌンは大体理解できましたとのこと。

その後は、座席番号でTシャツプレゼント。以上!ここまで約10分で風のように去っていきました。歌わないんだ・・・。(この次の会場の舞台挨拶は歌を歌ったようでした)

まとめ

BNK48を知っている人にとっては、いつものメンバーの違う一面が見れたりしてとても楽しめる映画でした(舞台挨拶の会はヲタ率がほぼ100%なので大盛り上がり)。一方で、BNK48は聞いたことがあるけど、顔や名前まではという方でもタイのコメディ映画に可愛いお姉さんたちがいっぱい出演しているという感じで楽しめると思います。

タイの映画はまだやっていると思っても、あっという間に終わってしまうことがあるのでお早めにどうぞ