バラクーダ・パタヤ宿泊記〜ロケーション抜群なホテル!〜

こんにちは、ばんばんです。

タイの雨季も後半にさしかかろうとしている8月の3連休に家族でパタヤに行ってきました。一日中降っているという感じではないですが、3日間とも曇り一時雨。

さて、今回はACCORグループでパタヤに2件あるMGalleryブランドのもう一方、Baracuda Pattayaに泊まってきましたので、紹介させていただきます。

Baracudaのロケーション

Baracuda Pattayaはセントラル・パタヤ通りとサウス・パタヤ通りの中間あたりに位置し、2nd Roadに面しています。

一方通行に従ってサウス・パタヤ側から行くと、左側にAVANI(旧マリオット)を超えたらすぐそこです。反対の右側にあります。映画館やスタバ、マックも入っているAvenue Pattayaモールのすぐ横なのでとても便利です。

海まで徒歩3分、セントラル・フェスティバルだと徒歩10分程度です。

 

Baracudaのロビー&プール

 

ロビーでチェックインしようとすると、ソファーにウエルカムドリンクメニューを持ってきてくれました。通常は決まったジュースを出すことが多いので、珍しいサービスですね。

 

青い爽やかなドリンクを注文すると、ちょっと傾いたような安定しないおしゃれなグラスでサーブしてくれました。

そうそう、ロビーの真ん中にチェックインカウンターがあるのですが、よく見るとバラクーダの形をしています。

 

ロビーのカウンターに続いて、プールもバラクーダの形です。

敷地が狭い中に頑張って広いプールを設けていますが、すぐ裏に、Avenue Pattyaの壁が迫っており、開放感はありませんし、リゾート感もないですね。

しかも、雨続きで、、、結局泳げませんでした。

Baracudaのレストランとバー

 

ホテルにはメインのSEA RESTAURANTに加えて、POOL BAR、SUNSET LOUNGEと2件のバーがあります。

ばんばんは、朝食、Afternoon Snack、Welcome Drink全てをSEA RESTAURANTで楽しみました。なぜ、SUNSETに行かなかったか?・・・だって、雨の屋外バーは・・・。

 

さて、朝食。ホテル自体が72室と小規模なのと、タイ人家族連れがいないため、朝食会場は比較的空いています。

ビュッフェもそれなりに品数がありますが、オーダーメニューが充実していて、トムヤムヌードルやマッサマンカレーなど、通常の朝食ブッフェでは珍しいメニューもいくつか見られました。

大好きなマッサマンカレーを注文してみましたが、びっくりするぐらい辛くて、南部出身のコックさんが本気で作ったのでは?と思ったほどです。辛いのが得意でない方は、完食不可能を断言できるレベルです(あの日だけかも)。

プラチナ特典として、Afternoon Snackと称した簡単なおやつが提供されました(上の写真)。

Baracudaのお部屋

 

部屋は4階のデラックスルーム。このホテルでは次のカテゴリーは、スイートルームになってしまいますので、残念ながらプラチナ会員のアップグレードはありませんでした。

さて、デラックスルーム。広さは37平米とまずまずなのですが、あまり広さを感じさせません。というのも、真ん中にベッドと付属の大きな机が陣取っていて、大きな荷物を広げるスペースがないのです。

 

バラクーダのオブジェがあったり、曲面を多用していたりと、今風のデザインホテルです。ベッド下が青白く光るちょっと怪しい光もあったりします。

ベランダからはプールを挟んで、Avenue Pattayaの壁が見えますので、やはり開放感なしです。海は見えません。

まとめ

ここ数ヶ月でパタヤにあるACCORホテルのうち、Pullaman Pattaya、Veranda PattayaとここBaracuda Pattayaに泊まりに行きました。

前者2つがオンザビーチでリゾート気分満載なのに対して、Baracudaは街も夜も楽しみたい方向けのような印象を受けました。

そもそも家族旅行でパタヤはありか?という議論もあるとは思いますが、ばんばん的見解では・・・。

バンコク在住者は「ありあり」。

弾丸旅行者なら「あり」。

ちょっと時間があるなら「なし」。サムイ島行ってください。