退役間近のB747ジャンボの思い出を語ろう

こんにちは、ばんばんです。

 最近、残り少ないボーイング747に乗るチャンスがありましたので、彼女が退役してしまう前に思い出話をしておきたいなと。

 今回ばんばんが搭乗したのは、タイ国際航空バンコク発デンパサール行きTG431便です。旧型ファーストクラスを装備したSTAR ALLIANCE特別塗装機です。

 なんで、ファーストクラスのシートを知ってるかって?下の搭乗記に詳しく書いてありますが、有償アップグレードでファーストクラス席を満喫してきました!

 

ボーイング747とは?

 ボーイングが社運をかけて開発し、1969年2月に初飛行した巨大旅客機です。2019年の今年は50周年でしたので、そのセレモニーも行われていました。

 現在までに1500機以上が生産され、2000年頃までは国内外の至る所で見ることができた名機ですね。

 中でも日本航空は747を最も多く運行した航空会社として知られており、ばんばんも何度も日本航空の747にはお世話になりました。海外の空港で鶴丸の747を見かけるとホッとするというのもわかるような気がします。

 2000年代に入ると、新世代機の777やA330などコストに優れた双発機にリプレースが進み、747が活躍する場は本当に少なくなってしまいました。寂しい限りです・・・。

B747の搭乗記録を振り返ってみる

 

ばんばんの747搭乗記録を引っ張りだしてみました。

  • 52回搭乗!(777, A330, 737, A320に続く第5位)
  • 初搭乗:JALの羽田〜香港啓徳〜バンコクドンムアン
  • 最近:タイ国際航空の羽田〜バンコク
  • 最長便:ユナイテッド航空の成田〜ニューアーク
  • 最短便:JALの成田〜名古屋
  • ファーストクラスに1回搭乗(バンコク〜羽田)
  • B747が飛んでたんだ〜!?という航路に搭乗した記録
1 羽田 香港経由バンコク 日本航空
2 バンコク アムステルダム経由ロンドン タイ国際航空
3 成田 名古屋 日本航空(国際線)
4 デリー ムンバイ エアインディア
5 バンコク チェンマイ One-Two-Go
6 バンコク 香港経由台北 タイ国際航空
7 バンコク 香港 中華航空
8 バンコク シンガポール キャセイ
9 台北 成田 日本アジア航空

ジャンボあるある!?

  • 4発エンジンの安心感が半端ない
  • エンジンのキーンという音が気になる(むしろ好きだ)
  • 世界一美しい飛行機だと思う
  • 2階席のビジネスクラスのこじんまり感が快適
  • エコノミーで中4席を独占できた時の喜びは何事にも変えがたい
  • B747に乗ったことがないという若者が増えてきたと思う
  • 名古屋空港(滑走路長:2740m)から離陸する時は頑張れ!と応援した
  • ドンムアン空港内ゴルフ場で目の前をSQの747が横切った時は震えた
  • プロジェクターを見ると昭和の香りを感じる
  • ハズレ(むしろ当たり)を引いた気分になる
  • アメリカ人はジャンボの大きさにびっくり(地方民は基本737しか知らない)
  • 747-300はなんだったんだろうか

まとめ

 タイ国際航空も747の退役は秒読み段階に入ってきていると思われますが、まだ正式発表はありません。

 2019年11月からの冬ダイヤでは、バンコクから羽田、札幌、デリー、ムンバイ、シドニー、プーケットあたりにあてがわれるようです。これらの都市へ行く予定がある方は、タイ国際航空の747搭乗も検討してみてはいかがでしょうか。

あとは、バンコクからプーケットにも間合い運用で飛んでいますので、こちらも要チェックです。