バンコクからアユタヤへの行き方に「徒歩」を加えてみたい(バーチャル-1)

こんにちは、ばんばんです。

バンコクからアユタヤに歩いてみようと始めたプロジェクトも新型コロナの影響で中止することとしました。とはいえ、在宅勤務が多くなり通勤時間が減った分、家の周りでのウオーキングを始めました。

せっかくなので、毎日歩いた分を足し続けてアユタヤを目指すことに。Google Earthも使って、どんな道を通ったのか、どんなランドマークがあるのかも探していくことにします。

関連記事

こんにちは、ばんばんです。 2019年の12月上旬にバンコクは10年に一回クラスの大寒波に襲われました。朝の最低気温が16度まで下がるという(死者が出そうな)大寒波です。(大袈裟ですが) アユタヤを徒歩で目指していたばんばんはチ[…]

チョクチャイステーキから有名寺院を目指す

バンコクから3日間歩いた終着地はランシット手前のチョクチャイステーキハウスでしたので、今回のバーチャルツアーはここから歩き始めます。

この週は家の周りで4km/4km/3km/3kmの合計14km歩きましたので、ちょうど良い距離にあったタマガイ寺院を目指すことに。巨大な寺院がこのあたりにあるのは知っていたので、Google Earthで覗いてみたかったんですよね。

 

 

今週の行程は国道1号線を北へ進み、ランシットで国道305号線に入り東へ。数キロ地点で運河沿いの道に入ります。

 

チョクチャイステーキに戻ってきました。大きな牛が再びお出迎えしてくれます(バーチャルで)。前回はもう少し歩いてランシットへ、、、と思っていたのですが、上の写真のようにちょうど目の前にバンコク中心部へのバスが停まって飛び乗ってしまいました。

北へ数キロ歩いてランシットに到着。バンコク北部の商業の中心地といえばここ。

昔はエリア内に周回モノレールが走っていたフーチャーパークは巨大です。手前の運河では船上で食べるクイッティアウ・ルアも名物。

あとは、、、バンコク周辺で一番まともな遊園地であるDream Worldもこのあたりですね。ここで右に曲がって運河沿いの国道305号線に入っていきます。ナコンナヨック県へ続く道です。

1日目は4kmということで、国道305号線沿いにあるCrazy Sushiにマーク。Google Mapでは写真付きの寿司屋紹介があるのですが、Google Earthでは空き家(建設中?)という感じでした。名前がやや微妙なのですが、一度見てみたいです。

2日目は延々と運河沿いののんびりとした田舎道を歩きます。こんな道だったらほんとに歩いてみたいと思いました(涼しい時期の早朝限定)。4kmポイントは田舎っぽい食堂にマーク

3日目は3kmです。良いポイントはないかなと探していると、Seafood Truckというレストランがあり、Google Earthで見てみるとほんとにトラックです。多分、夕方になると運河沿いに椅子と机が並ぶのではないでしょうか。ちょっと興味ありですね。ということで、Seafood Truckにマーク。

そしてこの週最後の3kmを歩いてタマガイ寺院に到着です。

タイの富裕層が多数信者に名を連ねる、ちょっと変わった宗派で事件も時々起こしていますが、興味があったらググってみてください。事件の話やら内部見学の話やら色々出てきます。一度見学に行ってみたいです。

タマサートやナワナコンを通って運河沿いへ

この週はタマガイ寺院を出発して西へ向かい、タマサート大学ランシットキャンパスで国道1号線を北へ。ナワナコン工業団地内を通りぬけ、国鉄ナワナコン駅を横切って、5042号線に突き当たったところで北へ進路を変えます。

まだ、散歩コースもあれこれ模索中だったため、この週は毎日異なる距離でした(2.8-3.1-4.0-4.0-4.0=17.9km)

最初のマークはLab Ped Udonという美味しそうなイサーン料理店なのですが、ここもGoogle Earthでは店じまい状態です(閉店してしまったのか、開業前だったのかは不明)。

ようやく我が母校(と勝手に言っている)タマサート大学ランシットキャンパスに到着です。王宮横の本校は本当に小さな敷地なので、郊外の大キャンパスの良い環境で勉学に励むということなのでしょうが、バンコク市内から毎日通うにはちょっと厳しい距離ですね。

プロサッカーチームが利用しているスタジアムもあったりして本当に巨大キャンパスです(行ったことないけど)。

関連記事

こんにちは、ばんばんです。  タマサート大学と言えばタイの東大と(日本人の間だけで)言われるチュラロンコーン大学に匹敵する名門国立大学です。  タイトルに??という方もいるかもしれませんが、実はばんば[…]

 

次のマークポイントはThe Parkというアジア工科大学院(AIT)の前にあるレストランです。上の写真はその前を走る片側5車線の国道です。

ここだけの話ですが、AITはタマサート大学の工学部部門ぐらいに思っていたのですが、どうも関係なさそう。ただ単に隣にあるだけ?

大通りをズンズン進んでいって、お洒落なバーガーキングでマーク!

最近TESCO Lotusオンヌットのすぐ横にも駐車場付きの店舗をオープンさせていますが、自動車ユーザーにターゲットを変えてきたのでしょうか。ばんばんはWhopperが大好きです(ここで腹ごしらえのイメージ)。

実は先ほどのバーガーキングはナワナコン工業団地入り口のすぐ手前。ここから工業団地の中を突っ切って、国鉄駅を目指すことに。

タイの工業団地はバンコク北部から開発されてきたため、この工業団地もまさに老舗で、電機関係の工場を中心に多数の日系企業が大工場を構えています。

他のきちんと管理された工業団地と比べると、工場、住宅、商業まで雑多に開発されていて、いかにもタイ的な工業団地です。現地で働くワーカーは快適だと思うなあ。

道の突き当たりに、車は通れないほど小さな門と橋があり、運河を超えると国鉄ナワナコン駅です。Google Earthエリア外だったので、Google mapから写真を拝借させていただきました。

そして、運河沿いの道を北へ進路を変えます。実は、ばんばんが「アユタヤへ歩く」という話を知り合いにしたところ、自転車で行ったことがあるとのこと。その際に彼が通ったのがこの道でした。

実は、アユタヤへ徒歩で向かうにあたって懸念していたのが、1号線から32号線へ分岐する際の巨大立体交差(高速のジャンクションをイメージしてください)をどうやって歩くのか?という点でした。

Google Mapでこの運河沿いの道に目をつけてはいたのですが、知り合いからこの道であれば問題なく高速道路を超えられると聞いて、一安心した道です。自転車でツーリングする人も多いそうです。

今週は町のヘルスセンターにマークしてここで終了!

ここまでの記録とまとめ

実歩行+バーチャルの歩行距離:39.6km + 14.0km / 89.2km (残り:35.6km)

今回は2週間の散歩14km分を取りまとめてみましたが、意外と楽しかったという印象です。歩いてもいない道を地図で選んで、Google Earthでその風景を見ると、実際に歩いた気になってきます。

コロナが終わったら、きっとこの道を歩くことになると思います。