バンコクからアユタヤへの行き方に「徒歩」を加えてみたい〜1日目〜

 こんにちは、ばんばんです。

 昨年来旧市街の散策が楽しく、先日歩いている時にせっかくだからバンコクから古都アユタヤまで歩いてみようと思い立ちました。ガイドブックやWebサイトでは、アユタヤへの行き方として車、バス、列車等を紹介していますが、実際に歩いてみて、なんとか「徒歩」を加えてみたいと思います。

 四国遍路で一日30キロ以上歩いた日もありましたので、約90キロのアユタヤならなんとかなるだろうと軽い気持ちで始めたチャレンジです。

王宮前からのスタート

 2019年9月のある日、バンコクの王宮近くからアユタヤに向けてスタート!

 大まかな計画では、バンコク市内や郊外は日帰りで小刻みに進み、大寒波がやってきた際に交通不便な田舎を1泊2日で歩こうかなと。今までばんばんがアップしてきた記事の中には、このチャレンジの途中に立ち寄ったところが多数ありますので、途中の見所も紹介していきますね。

 第1日目の予定は、バンコク・タマサート大学横のタープラチャン船着き場からフアランポーンバンコク中央駅までの約5kmです。まっすぐ歩くだけであれば1時間ぐらいの距離ですね。

 

バンコク観光のハイライトエリアを行く

セッかく歩くのであれば、昔の人が歩いたであろう道をと思ったのですが、よくよく考えたら「船」で行くべきでした。

スタートは王宮裏のタマサート大学

出発点は、我が母校でもある(半年通っただけで偉そうに恐縮ですが)名門タマサート大学です。この日もせっかくだからとキャンパスを懐かしく散策してきました。

タマサート大学のシンボルの時計塔。

関連記事

こんにちは、ばんばんです。  タマサート大学と言えばタイの東大と(日本人の間だけで)言われるチュラロンコーン大学に匹敵する名門国立大学です。  タイトルに??という方もいるかもしれませんが、実はばんば[…]

 

そしてここが、出発点となるタープラチャン船着場から100mほど歩いた、タマサート大学の校門前。ここから王宮前広場に向かって東へと出発します。

王宮前広場へと続くプラチャン通りを進むと、昔ながらの佇まいでいい雰囲気の建物が並んでいます。道の上には木が生い茂っていて、歴史を感じさせます。

ワットプラケオ(王宮)

王宮前広場を右に曲がるとワットプラケオの煌びやかな建物が太陽に反射して輝いています。バンコクが誇る観光ポイントで王宮とエメラルド仏を祀るワットプラケオが同じ敷地内にあります。

入場料金があまりにも高くなりすぎて(2020年2月現在:500バーツ)、しばらく入場していないなあ。ずっと昔に行った際は、入り口でパンフレットを渡す係がいて、ものの見事に日本語、中国語、韓国語を配り分けていたなあと(言葉、容姿、服装から判断?)。

実はこの日は雲が多めで、あんまり輝いてないですね。

ラクムアン(市の柱)

タイでは、新しい街(ムアン)を作る際に街の中心に「柱」を祀ります。王宮すぐ近くにある祠がバンコクの中心柱「ラクムアン」です。

存在自体はガイドブック等で昔から知っていたのですが、中に入ったのは今回が初めてでした。バンコクっ子にも人気があるようで、敷地内にはかなり多くの人が参拝に来ていました。

柱が2つ立っていますね。なんで2つなのか、その由来は調べてみます・・・。

国防省

ラクムアンから小さな道を渡ると、どーーんと西洋風の美しい建物が現れます。そう、ここはタイの国防省です。

建物の前をよく見ると、大砲がいくつも飾ってあるのが分かります。非常に美しい建物なので、タイ人が記念撮影する姿が多かったのが印象的(インスタ映えなのか?)。

2019年11月に参加したバンコクマラソンの5km Fun Runのスタート/ゴール地点はここの横道。夜はライトアップされてさらに美しい姿を見せています。

関連記事

こんにちは、ばんばんです。 11月7日に第32回バンコクマラソンが開催され、ばんばんも大勢のランナーと一緒にバンコクの旧市街を走ってきました。 事前の準備、行き方、当日の様子をレポートしますね。 […]

ワットポー

国防省から王宮沿いの真っ白な壁沿いを歩いて行くと、右側にかなり大きな屋根を持つお寺が見えてきます。全長46mの巨大涅槃仏で知られる、ワットポーです。タイ式マッサージでも有名なお寺ですね。

ここでは、ワットポーを眺めるだけで、この交差点を左に曲がります。

サランロム公園

道の左側に程よい大きなの都市公園が見えてきました。ここは、このあたりのオアシス的なサランロム公園です。ポケモンGoの調査のために何度か来たことがあったので、ばんばん的には勝手知ったる場所ですね。

中には古い家屋を集めたエリア等あったりするのですが、整備が不十分といった印象。また、全体的に「ちょっと古めかし」という印象の公園です。奥にはトイレがあるので、観光でトイレに困ったらどうぞ。

 

旧市街の運河沿いを散歩して中華街へ

サランロム公園の東側の門から外に出ると、目の前に運河と跳ね橋(?)があります。Rop Krung運河という、ラタナコーシン島を囲む内側の運河です。以前はこのような跳ね橋がいくつもありましたとのこと。ただし、これはレプリカ。

跳ね橋を渡って行きます。

このあたりから、いよいよ昔のバンコクの雰囲気が出てきます。運河の両側に歩道があり、小さな商店やヌードル屋が営業しています。昔っぽくていい感じ。

Ti Thong通りの向こう側に、これまたいい雰囲気の建物が連なっています。外国人は全く歩いていませんが、気にせずにこの道をズンズン進んでいきましょう。

ロマニーナート公園

やってきました!ロマニーナート公園。ばんばんも何度か来ていますが、昔の刑務所の雰囲気を今に伝える、とても素敵な場所です。MRTのSam Yot駅から徒歩数分なので、一度行ってみることをお勧めします(涼しい時間に)。

シンボルの監視塔。これ以外にも門や塀、そして牢獄の一部が保存されています。

関連記事

こんにちは、ばんばんです。  旧市街に宿泊するチャンスがありましたので、せっかくなのでと旧市街を散策してきました。普段暮らしているバンコクとは、全く別の街ですので、テンションが上がります。 元刑務所が[…]

チャルンクルン通り

外側の運河を越えると中華街に入って行きますが、その昔Sam Yotには大きな門があったとのこと。言ってみれば、ここから内側が城内で、大手門の外側が城下町と行ったイメージでしょうか。

ここからはチャオプラヤ川に並行し、昔からの重要道路であるチャルンクルン通りを歩いて行きます。

SAB交差点。昔SABという商社が使っていたビルで、印象的な時計台付き。ばんばんの家には、このビルの古い写真が飾ってあり、この実物を見つけた時は嬉しかったです。ちなみにその写真には、その昔走っていた市電も写っています。

関連記事

こんにちは、ばんばんです。  だいぶ前にJJマーケットで買ったバンコクの古写真がばんばんの家に飾ってあります。  上の写真がそれですが、時計台の前を市電が走り、人力車も走っています。バンコクの路面電車[…]

チャイナタウン

昔のバンコク随一の繁華街チャイナタウンに入って行きます。並行するヤワラート通りが金行(金を売るお店)の真っ赤な看板が賑わいを演出していますが、チャルンクルン通り沿いもチャイナタウンの雰囲気をよく残しています。

この一見何気ない薄茶色色の古びたビル。何だと思いますか?

そう、バンコクで一番有名な中華寺院ワット・マンコンの入り口です。昨年、MRTが開通したこともあって、中華街に観光に来るタイ人が非常に多かったです。

関連記事

 こんにちは、ばんばんです。  旧市街散策シリーズの続編です。旧市街から中華街に足を進め、疲れたので休憩がてらセブンイレブンの前でジュースを飲みながら街を眺めていました。  すると、向かい側にあるクリ[…]

上の写真は中華街博物館に展示してあった、昔の中華街です。このカーブ具合からするとヤワラート通りでしょうか。左端に市電の線路も見えます。

中華街の端に黄金仏で知られるワット・トライミットがあります。数十年ぶりに訪問してみたら、超近代的な建物に黄金仏が祀られていてびっくりしました。3階が黄金仏で、2階が中華街博物館(涼しいのでお勧め)になっています。

関連記事

こんにちは、ばんばんです。  旧市街散歩シリーズの続編です。中華街近くの黄金仏を見に行くのは、初めてタイ旅行に来た際にガイドブック片手に訪れて以来の再訪です。  なぜ、行く気になったかって?そ[…]

フアランポーン中央駅に到着

そして、本日の目的地のフアランポーン中央駅に到着しました。

現在はタイ国鉄車内での飲酒が禁止されてしまいましたが、以前は車内でもシンハビールを売りに回っていました。夕暮れ時の景色を見ながらビールを飲む。たまにそんな旅をしたくなって、ここから夜行列車に乗ったなあ・・(遠い目)。

2020年には、新しい中央駅がバンスーに開業予定ですので、この駅も寂しくなりそうです。博物館になるという話も伝わっています。

前日の予定では、その昔、川向こうにあったという駅まで行ってみようかと思っていましたが、暑いのでこの日はここまで。

関連記事

こんにちは、ばんばんです。  列車の旅が好きだし、LCCがでてくる前はタイ国際航空の独占で料金も高かったので、ここフアランポーン駅にも来る機会がそこそこありました。  タイ国鉄内での飲酒が禁止されてか[…]

関連記事

こんにちは、ばんばんです。 まだ、コロナウイルスの不安が世界全体に広がる前の2月中旬、PM2.5が晴れた日曜日に娘と列車に乗って出かけて来ました。早く気楽に旅ができるように戻るといいですね。 BTSとMRTを乗り継いでフアランポーン[…]

まとめ

本日の歩行距離:5.1km / 89.2km (残り:84.1km)

バンコクの旧市街を歩いてみて、ばんばんの知らないバンコクの一面を発見することができたと思います。四国の歩き遍路同様、車での移動では気づかない景色や人々の生活を身近に感じることができる素敵なお散歩でした。

目指すはアユタヤですので、次回は線路に沿って北を目指します。